研究成果

岩手生物工学研究センターの研究成果は、岩手県の専門試験研究機関により実用化が図られるものが中心です。

成果内容によっては、企業等が直接利用可能な成果も出ています。
また、特許取得に結びついた成果も数多くあります。

委託元である岩手県に毎年度提示しているのが「バイオテクノロジー基礎的研究成果」です。
ここでは、バイオテクノロジー基礎的研究成果の成果名を掲載しています。

2018(平成30)年度研究成果

2019/04/09 1:54 に 梅澤学 が投稿   [ 2019/04/09 1:55 に更新しました ]

バイオテクノロジー基礎的研究成果
提案分野成果区分 成果名 担当部 
 リンドウ育種 技術開発  未受精胚珠培養による純系リンドウ作出における培地の検討 園芸資源
 リンドウ育種 基礎研究 ハイスループットな酵素機能解析法によるリンドウのコピグメント物質生合成遺伝子の
 同定と遺伝子マーカーの開発
 園芸資源
 リンゴ育種 基礎研究 リンゴのS遺伝子型簡易検定法 ゲノム育種
 園芸資源
 リンドウ生理生態 基礎研究 アスパラガスの美味しさを決定する土壌成分の解明 園芸資源
 病害診断技術 技術開発 県内の穀物における病原細菌の単離、同定とDNA識別マーカーの作成 園芸資源
 病害診断技術 基礎研究 県内リンドウにおけるトンブスウイルス病の同定と温度依存的発病 園芸資源
 バイオインフォマティクス 技術開発 ゲノム多型情報を用いた品種識別DNAマーカーデザインツールV-Primerの開発 ゲノム育種
 機能性活用 技術開発 日持ち性の高いシイタケ新栽培品種の選抜 生物資源
 機能性活用 技術開発 新たな粉末イサダオイル素材を開発 生物資源
 機能性活用 技術開発 国産クリルオイル開発 生物資源
 機能性活用 基礎研究 雑穀のヌカに含有される機能性成分の分析 生物資源
 機能性活用 基礎研究シイタケ菌糸定量法と熟度判別技術の開発 生物資源
 機能性活用 基礎研究 8-HEPE濃縮素材の抗動脈硬化および血糖値抑制作用 生物資源

 成果区分 区分の説明
 技術開発 岩手県試験研究機関、企業等において応用化研究または実用化研究への利用が可能で、県内産業の振興に寄与する技術の開発
 基礎研究 科学的価値が高く、他の研究分野でも活用されうる新知見、新技術、新手法、新素材、基盤情報など、社会的に有用あるいはインパクトのある情報になり得るもの、または実用化のためにはさらなる基礎研究などが必要であるが将来的に普及技術の核となり得る研究成果
 ※平成26年度に成果区分を上記に変更しました。

2017(平成29)年度研究成果

2019/02/26 0:50 に 梅澤学 が投稿   [ 2019/04/09 1:55 に更新しました ]

バイオテクノロジー基礎的研究成果
提案分野成果区分 成果名 担当部 
 水稲育種 技術開発  病原細菌に対するイネの抵抗性検定法の確立 ゲノム育種
 リンドウ育種 技術開発 八重咲き識別DNAマーカーを用いたリンドウ苗の大量選抜 園芸資源
 リンドウ育種 技術開発 コルヒチン処理による倍加半数体リンドウの作出技術 園芸資源
 リンドウ生理生態 基礎研究 岩手県産リンドウの生薬「竜胆」としての利用可能性 園芸資源
 病害診断技術 技術開発 培養リンドウを用いたリンドウ黒斑病感染系の確立 園芸資源
 病害診断技術 技術開発 県内のもみ枯れ症水稲からの病原細菌Pantoea ananatisの単離 ゲノム育種
 園芸資源
 病害診断技術 基礎研究 県内リンドウからの新規トンブスウイルスの同定とPCRマーカーの作製 園芸資源
 バイオインフォマティクス 技術開発 水稲品種「金色の風」の全ゲノム解読と品種識別DNAマーカー ゲノム育種
 バイオインフォマティクス 技術開発 アワ品種「しなのつぶ姫」由来の短稈性を判別できるDNAマーカー ゲノム育種
 バイオインフォマティクス 基礎研究 アワしらが病菌の全ゲノム解読と遺伝子発現解析 ゲノム育種
 バイオインフォマティクス 基礎研究 ギニアヤムの全ゲノム解読とヘテロ接合性作物のQTL解析技術の確立 ゲノム育種
 機能性活用 技術開発 「ひめこがね(キビ)」の収穫適期の特定 生物資源
 機能性活用 技術開発 ナマコのサポニン含量調整法 生物資源
 機能性活用 技術開発 遠心分離法によるイサダオイル素材製造技術開発 生物資源
 機能性活用 基礎研究 イサダからの8-HEPE産生酵素の同定 生物資源
 機能性活用 基礎研究 イサダ由来の炭素数16高度不飽和脂肪酸による受精卵の酸化ストレス抑制作用 生物資源
 機能性活用 基礎研究 機能性オイルサプリメント原料に適したイサダ漁獲時期の分析 生物資源
 機能性活用 基礎研究 マツタケシロ内菌根で発現するシュウ酸関連遺伝子群の特定 生物資源


2016(平成28)年度研究成果

2019/02/26 0:26 に 梅澤学 が投稿   [ 2019/02/26 0:57 に更新しました ]

バイオテクノロジー基礎的研究成果
 提案分野 成果区分  成果名  担当部
 水稲育種 技術開発  次世代シークエンサーによる迅速・低コストなイネ全ゲノムジェノタイピング法の確立 ゲノム育種
 水稲育種 基礎研究 次世代シークエンサーを活用した迅速な病害抵抗性遺伝子同定法の確立 ゲノム育種
 リンドウ育種 技術開発 リンドウの八重咲き識別DNAマーカーの開発 園芸資源
 リンドウ育種 技術開発 リンドウ培養物への重イオンビーム照射による変異系統の作出 園芸資源
 リンドウ生理生態 基礎研究 メタボローム解析によるリンドウ種子の発芽率を低下させる要因の解明 園芸資源
 病害診断技術 技術開発 培養リンドウを用いた糸状菌病感染系の確立と葉枯病の簡易検定への利用 園芸資源
 病害診断技術 基礎研究 リンドウ葉枯れ病菌の罹病性/抵抗性決定機構における気孔密度の関与 園芸資源
 バイオインフォマティクス 技術開発 重要形質の遺伝子解析および品種開発に利用できるアワ突然変異体選抜基盤の整備 ゲノム育種
 機能性活用 技術開発 マナマコのサポニン分析法 生物資源
 機能性活用 基礎研究 ゆいこがねよりもルテインを多く含むアワ系統の特定 生物資源
 機能性活用 基礎研究 5-HEPEによる血管内皮細胞のNrf2活性化作用  生物資源
 機能性活用 基礎研究 子実体発生のために必要な遺伝子の特定 生物資源


2015(平成27)年度研究成果

2019/02/26 0:08 に 梅澤学 が投稿

バイオテクノロジー基礎的研究成果
 提案分野 成果区分
成果名 
担当部 
 水稲育種
 技術開発  病原細菌に対するイネの抵抗性検定法の確立 ゲノム育種
 リンドウ育種 技術開発 八重咲き識別DNAマーカーを用いたリンドウ苗の大量選抜 園芸資源
 リンドウ育種 技術開発 コルヒチン処理による倍加半数体リンドウの作出技術 園芸資源
 リンドウ生理生態 基礎研究 岩手県産リンドウの生薬「竜胆」としての利用可能性 園芸資源
 病害診断技術 技術開発 培養リンドウを用いたリンドウ黒斑病感染系の確立 園芸資源
 病害診断技術 技術開発 県内のもみ枯れ症水稲からの病原細菌Pantoea ananatisの単離 ゲノム育種
 園芸資源
 病害診断技術 基礎研究 県内リンドウからの新規トンブスウイルスの同定とPCRマーカーの作製 園芸資源
 バイオインフォマティクス 技術開発 水稲品種「金色の風」の全ゲノム解読と品種識別DNAマーカー ゲノム育種
 バイオインフォマティクス 技術開発 アワ品種「しなのつぶ姫」由来の短稈性を判別できるDNAマーカー ゲノム育種
 バイオインフォマティクス 基礎研究 アワしらが病菌の全ゲノム解読と遺伝子発現解析 ゲノム育種
 バイオインフォマティクス 基礎研究 ギニアヤムの全ゲノム解読とヘテロ接合性作物のQTL解析技術の確立 ゲノム育種
 機能性活用 技術開発 「ひめこがね(キビ)」の収穫適期の特定 生物資源
 機能性活用 技術開発 ナマコのサポニン含量調整法 生物資源
 機能性活用 技術開発 遠心分離法によるイサダオイル素材製造技術開発 生物資源
 機能性活用 基礎研究 イサダからの8-HEPE産生酵素の同定 生物資源
 機能性活用 基礎研究 イサダ由来の炭素数16高度不飽和脂肪酸による受精卵の酸化ストレス抑制作用 生物資源
 機能性活用 基礎研究 機能性オイルサプリメント原料に適したイサダ漁獲時期の分析 生物資源
 機能性活用 基礎研究 マツタケシロ内菌根で発現するシュウ酸関連遺伝子群の特定 生物資源

2014(平成26)年度研究成果

2019/02/25 23:11 に 梅澤学 が投稿   [ 2019/02/25 23:53 に更新しました ]

バイオテクノロジー基礎的研究成果
 提案分野成果区分  成果名 担当部
 水稲育種 基礎研究 イネにおけるNested Association Mapping法の確立 ゲノム育種
 リンドウ育種
 技術開発  4倍体リンドウの簡易識別技術 園芸資源
 リンドウ生理生態 基礎研究 ゲンチオオリゴ糖によるリンドウ越冬芽の休眠制御機構 園芸資源
 マツタケ増殖
 技術開発  マツタケ菌根をより微量かつ非破壊的に検出するマーカーの開発 生物資源
 マツタケ増殖 基礎研究 マツタケ菌根形成時に起こるアカマツの遺伝子発現変動 生物資源
 リンドウこぶ症 基礎研究 培養リンドウを用いたリンドウこぶ症関連ウイルス(GKaV)の接木接種法 園芸資源
 病害診断技術 技術開発 網羅的RNAウイルス検出技術(DECS法)の適用範囲の拡大 園芸資源
 雑穀
 技術開発 アワEMS突然変異系統群の作出 ゲノム育種
 雑穀
 技術開発 アワしらが病の継代培養および抵抗性検定のための人工接種系の確立 ゲノム育種
 バイオインフォマティクス
 基礎研究 非モデル植物の新規ゲノム解読技術の確立およびホップゲノムの解読 ゲノム育種
 機能性活用 基礎研究 アワ・キビの精白中黄色素同定 生物資源
 機能性活用 技術開発 キサントフィル高含有アワ・キビ在来系統選抜 生物資源
 機能性活用 基礎研究 高温帯で子実体発生するシイタケの原因遺伝子の特定 生物資源
 機能性活用 基礎研究 イサダ由来の8-HEPEによる肥満抑制効果 生物資源
 機能性活用 技術開発 イサダを原料とした新規機能性素材開発 生物資源


2013(平成25)年度研究成果

2014/04/30 22:57 に 00管理用ホームページ が投稿   [ 2014/04/30 23:00 に更新しました ]

バイオテクノロジー基礎的研究成果 (基礎的技術である成果区分「C」は掲載しない)

研究成果名 概要
【水稲育種】

QTL-seq法による北東北地域のイネ品種の出穂期関連遺伝子座の同定

QTL-seq法を用いて、北東北地域内におけるイネの早晩性を決定している遺伝子座を第3染色体短腕に同定した。

水稲早生品種「いわてっこ」を交配親としたときに本遺伝子座を識別できるDNAマーカーを開発した。

【リンドウ育種】

重イオンビーム法によるリンドウ突然変異系統作出手法の開発

リンドウ種子を材料として、重イオンビーム法による突然変異作出法の検討を行った。

種子における照射条件の検討と自殖によるM2変異集団の育成を行い、特性調査を実施した結果、一部の個体において花色等の変化が認められた。

さらなる検討が必要であるが、重イオンビーム法がリンドウの変異誘導に利用できる可能性が示唆された。

(本研究は高崎量子応用研究所との先端研究施設共用促進事業により実施した) 

【ウイルス診断技術】

アミノ酸発酵副生液のウイルス感染抑制効果と評価実験系の構築

薬剤を処理した植物におけるウイルスの感染効率を簡易に比較する方法として、プレスブロット法を適用した。

この評価実験系を用いて、ウイルスの機械接種による感染効率がアミノ酸発酵副生液によって抑制されることを明らかにした。

【マツタケ増産】

マツタケ菌根を特異的に検出できる遺伝子マーカー

これまで、マツタケ菌根の定着を確認するためには、一度菌根を掘り出して確認する必要があったが、なるべく非破壊的に菌根の有無を判別するべく、遺伝子マーカーの開発を行った。

RNA-seq法により、マツタケ菌根特異的な遺伝子を選抜し、特異的プライマーを設計してPCRを行うことにより、菌根の有無を判別する手法を確立した。

【基盤技術】

農林水産物の含有成分を推測・同定する解析ソフト

農林水産物の含有成分は、形質評価や優良系統の選抜基準として用いることができる。

本成果では、質量分析装置Q-TOF-MSにより得られたデータから、数千の含有成分を同定・推測する解析ソフトを開発した。

本ソフトで得られた情報は、岩手県内の農林水産物の総合的評価や、系統選抜の指標等に活用可能である。

【機能性活用】

マナマコ加工食品による要介護高齢者の口腔内カンジダ抑制

マナマコ加工食品を毎食後1週間摂取することにより、介護度3以上の要介護高齢者の口腔内カンジダを統計学的に有意に抑制可能であることを明らかにした。

【機能性活用】

イサダからのヒドロキシエイコサペンタエン(HEPE)取得方法

ヒドロキシエイコサペンタエン酸(HEPE)は、ω3脂肪酸の1つであるエイコサペンタエン酸(EPA)の代謝物である。

炎症抑制などの生理作用が示唆されていたが、HEPEの効率的な取得方法(天然物からの精製、有機合成)が確立されていないため、利用価値や利用方法について明らかにされていなかった。

分子設計研究分野では、これまでイサダ(ツノナシオキアミ)に含まれる成分が有する薬理作用について研究を行ってきているが、今般、オキアミからHEPEを取得することができることを見出した。

【機能性活用】

イサダ由来8-, 9-ヒドロキシエイコサペンタエン酸の脂質代謝促進作用

イサダ(ツノナシオキアミ)に含有される8-, 9-ヒドロキシエイコサペンタエン酸(HEPE)がペルオキシソーム増殖因子活性化受容体(PPAR)活性化作用を有していることを見いだした。

8-HEPE, 9-HEPEはエイコサペンタエン酸よりも高いPPAR活性化作用を有しており、新たなPPAR活性化因子として活用が期待される。

【機能性活用】

リンドウ根由来の抗炎症物質ゲンチオラクトンの同定

リンドウ根は抗炎症作用を有する生薬として利用されているが、抗炎症作用の分子機構は解明されていなかった。

我々はエゾリンドウ(Gentiana triflora)根に炎症性サイトカイン産生抑制効果を見いだし、活性物質としてゲンチオラクトンを同定した。

2012(平成24)年度研究成果

2014/03/27 4:43 に n-yokota@ibrc.or.jp が投稿   [ 2014/03/27 4:43 に更新しました ]

バイオテクノロジー基礎的研究成果
研究成果名伝達(移転)先
イネいもち病真性抵抗性遺伝子Pii の単離及びPia,Pii,Pik 判別マーカーセット農業研究センター
マーカー支援育種を目指したリンドウ連鎖地図の構築農業研究センター
リンドウの葉片培養による再分化条件の効率化農業研究センター
質量分析装置を利用した省力的ウイルス診断法の開発農業研究センター
シイタケの交配型判別可能なDNAマーカー林業技術センター
マツタケジェネットを判別するSSRマーカー開発林業技術センター
農林水産物の含有成分を迅速に同定・定量する分析システム研究機関等
タンパク質高生産技術企業等
イサダに含まれる抗肥満物質の特定と効率的精製方法、定量方法の確立研究機関、企業等
抗真菌活性を有するマナマコの食品素材化研究機関、企業等
リンドウ根成分による抗炎症作用研究機関、企業等 
マボヤ抽出物の抗真菌活性の発見 研究機関、企業等 
雑穀抽出物による脂質蓄積抑制・抗腫瘍・抗真菌活性の発見 研究機関、企業等 
TEMPO酸化による廃菌床からのナノファイバー生産 企業等 

2011(平成23)年度研究成果

2013/02/06 0:51 に norio yokota が投稿   [ 2014/03/27 4:51 に n-yokota@ibrc.or.jp さんが更新しました ]

バイオテクノロジー基礎的研究成果
研究成果名伝達(移転)先
MutMap法の開発農業研究センター
QTL-seq法の開発農業研究センター
マイクロサテライトマーカーを用いたリンドウの品種識別農業研究センター
発光ダイオードを用いたリンドウ越冬芽の萌芽調節技術農業研究センター
アブシジン酸はリンドウの越冬率及び萌芽数を向上させる農業研究センター
リンドウ心皮輪紋症ウイルス(仮称)の粒子精製と抗体の作製農業研究センター
β-グルコシダーゼ増強によるグルコース生産性の向上企業等
セルロース分解を促進する酵素の単離および生産系の確立企業等
きのこ由来酵素を用いたN-アセチルグルコサミン生産法の開発企業等
イサダ(ツノナシオキアミ)水溶性成分の脂質代謝促進作用の解明水産技術センター、企業等


2010(平成22)年度研究成果

2013/02/06 0:50 に norio yokota が投稿   [ 2014/03/27 4:51 に n-yokota@ibrc.or.jp さんが更新しました ]

バイオテクノロジー基礎的研究成果
研究成果名伝達(移転)先
効率的にセルロースを分解するセルラーゼの単離および生産技術の確立企業等
beta-グルコシダーゼの単離および生産技術の確立企業等
イサダ(ツノナシオキアミ)水溶性成分の脂肪蓄積抑制作用の解明企業等
岩手県主要水稲品種のゲノム配列農業研究センター
ビーズビーティング法による植物核DNA量の迅速測定法農業研究センター
DNAマーカーによる効率的なピンク花および白花リンドウ集団の育成農業研究センター
赤色発光ダイオード(LED)は培養リンドウの増殖を促進する農業研究センター
プトレッシンを用いたリンドウこぶ症の簡易診断法農業研究センター
リンドウ心皮輪紋症(仮称)の病原と疑われる新規ウイルス様RNAの発見と診断用プライマーの作成農業研究センター
リンゴに発生する3 種シンクイムシの判別マーカーの作成農業研究センター
CRES-T法による覆輪リンドウの作出農業研究センター

2009(平成21)年度研究成果

2013/02/06 0:49 に norio yokota が投稿   [ 2014/03/27 4:51 に n-yokota@ibrc.or.jp さんが更新しました ]

バイオテクノロジー基礎的研究成果
研究成果名伝達(移転)先
トランスポゾンを利用したリンドウの純度検定農業研究センター
セロビオースによる活性阻害を受けないセロビオハイドロラーゼの発見企業等
ヤマブドウ果汁及びポリフェノール成分の口腔保健機能解析企業等

1-10 of 26