2003(平成15)年度研究成果

2013/02/06 0:45 に norio yokota が投稿   [ 2014/03/27 4:49 に n-yokota@ibrc.or.jp さんが更新しました ]

バイオテクノロジー基礎的研究成果

研究成果名 伝達(移転)先
Agrobacterium rhizogenes A4 菌感染による矮化デルフィニウムの作出方法 農業研究センター
葉緑体DNA解析によるリンドウ野生種の系統解析手法 農業研究センター
シイタケラッカーゼによる環境ホルモン類の分解 環境保健研究センター

研究成果書 [11] / 2004年7月発行

SuperSAGE法の開発(表)
SuperSAGE法の開発(裏)

SuperSAGE法の開発

CMV抵抗性カプシクム属植物におけるウイルスの分布(表)
CMV抵抗性カプシクム属植物におけるウイルスの分布(裏)

CMV抵抗性カプシクム属植物におけるウイルスの分布

Agrobacterium rhizogenes の感染による矮化デルフィニウムの作出(表)
Agrobacterium rhizogenes の感染による矮化デルフィニウムの作出(裏)

Agrobacterium rhizogenes の感染による矮化デルフィニウムの作出

シイタケラッカーゼによる環境ホルモン類の減少(表)
シイタケラッカーゼによる環境ホルモン類の減少(裏)

シイタケラッカーゼによる環境ホルモン類の減少

Comments