理事長挨拶

新年のご挨拶

                   令和3年1月4日

  新年明けましておめでとうございます。

 本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 平素より、(公財)岩手生物工学研究センター(生工研)の活動にご理解とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。

 年頭にあたり、震災や数々の自然災害により、今も不自由な生活を余儀なくされておられます被災地の皆様、そして、昨年来の新型コロナウイルス感染症に罹患されておられる皆様に対し、心よりお見舞いを申し上げます。

 また、新型コロナウイルス感染症対策に、昼夜を問わずご尽力されておられる医療従事者をはじめ、関係者の皆様に対し、心より感謝申し上げます。

 今年こそ、世界各国が争うのではなく、人類の英知を結集し、正しく一致団結してコロナと対峙すべきであり、生工研も、基礎研究分野で、その一端を担う事が出来るのではないかと考えております。

 さて、当法人は、「岩手県設置の試験研究機関等のバイオテクノロジー研究を支援・促進するため、バイオテクノロジーに関する基礎的研究を行い、もって岩手県の農林水産業、食品工業等の産業振興に寄与すること」を目的としております。 

 当法人では、これまで、水稲・雑穀におけるゲノム育種法の開発、八重・赤花などリンドウ新品種の開発、病害診断・防除技術の開発、農林水産物の新規機能性の解明と有効成分の活用技術の開発、食用きのこの栽培技術の開発など、現場の声に耳を傾けながら、生産者等のニーズに即した試験研究を進め、公設試、大学、企業等との連携のもと、着実に成果を残してきております。

 当法人が有する、非常に優れた資源(人材、最先端の測定機器等)を総動員し、国内はもとより世界にも通用する品種開発、栽培技術開発等を通じ、生産者等の所得向上に寄与して参りたいと考えております。

 県民の皆様と共に、今まで以上に岩手県を盛り上げて参りたいと考えておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。



公益財団法人岩手生物工学研究センター  

 理事長 小 岩 一 幸