第217回公開セミナー

2015/02/04 19:58 に n-yokota@ibrc.or.jp が投稿   [ 2015/02/04 19:58 に更新しました ]
下記により公開セミナーを開催します。


【日時】平成27年2月27日(金)15:15~16:15

【場所】岩手生物工学研究センター(北上市成田22-174-4)

【演題】ポリフェノールやフラボノイドの機能性に関する話題と課題

【講師】津志田藤二郎 教授 (公立大学法人宮城大学食産業学部 フードビジネス学科)

【内容】
1984年に始まった食品機能性研究において様々な生理機能評価手法が開発され、多くの食素材について機能性成分の検索が行われた。その結果、水溶性成分ではポリフェノールが、また脂溶性成分ではカロテノイドが多様な生理機能を示すことが明らかになり、多くの研究者がそれらの化合物の機能性発現メカニズムの解明に挑み今に至っている。
演者はポリフェノールの生理的機能に興味を持ち、特にフラボノイドに関する研究を行ってきたので、それらの抗酸化性やレセプターを介した機能など多様な機能性に関する話題と、体内動態の実態など、今後解明が待たれる課題を取り上げ講演する。

【対象】当センター職員、県試験研究機関、独立行政法人試験研究機関、大学、農業大学校などの関係研究機関を想定した内容となっています。
※事前申込みの必要はございません。お気軽にご参加ください。参加費無料。
問い合わせ先:0197−68−2911 管理部
Ċ
n-yokota@ibrc.or.jp,
2015/02/04 20:35
Comments