新着情報‎ > ‎お知らせ‎ > ‎

いわて農林水産物機能性活用研究会第2回シンポジウムを開催します。

2018/07/10 0:52 に 和賀佳子 が投稿

  各位


 来たる7月19日、表記シンポジウムを以下の要領で開催いたします。

 皆様お誘い合わせの上、おいでください。

  お申し込みにつきましては、添付ファイルをご利用ください。



//



いわて農林水産物機能性活用研究会第2回シンポジウム

「地域の未来を守る健康づくりと健康産業」開催要領

1 趣 旨

 「いわて農林水産物機能性活用研究会」は、岩手県産農林水産物の健康維持増進・疾病予防機能に関する研究開発の推進や機能性に着目した産業振興を通じて、一次産業が盛んな岩手県の特色を生かした健康で元気な地域づくりを目指している。

そこで、県民の健康状態を見直すとともに、地域の健康づくりや健康産業、農林水産物の健康機能に関する先駆的な取組を学び、健康を着眼点にした岩手県の食産業振興について考えるシンポジウムを開催する。

 

2 主 催

いわて農林水産物機能性活用研究会、岩手生物工学研究センター

(共催:岩手の食材で毎日CUISINE MINCEUR

(後援:岩手県、岩手大学三陸復興・地域創生推進機構、岩手医科大学、岩手県立大学、盛岡大学、一関工業高等専門学校、東北農業研究センター、岩手県歯科医師会、東北地域農林水産・食品ハイテク研究会、盛岡ヘルスケア産業協議会、釜石・大槌地域産業育成センター)

 

3 日 時

平成30719日(木)13:4517:00

 

4 会 場

エスポワールいわて 大中ホール(盛岡市中央通1-1-38  Tel: 019-623-6251

 

5 参集範囲

一般

 

6 次 第

(1) 開会

(2) 挨拶(会長、来賓)

(3) 講演1「臨床現場から考える生活習慣の重要性」

    森野禎浩 岩手医科大学内科学講座循環器内科分野・主任教授

岩手医科大学附属循環器医療センター・センター長

講演2「健康寿命の延伸!松本ヘルス・ラボが目指す『暮らせば健康になるまち』」

    小林浩之 松本市商工観光部 健康産業・企業立地担当部長

講演3「野菜の機能と商品・サービスへの活用」

    菅沼大行 カゴメ株式会社 イノベーション本部 自然健康研究部長

(4)パネルディスカッション「岩手の食産業で健康づくりを実現しよう!」

モデレーター 矢野 明  公益財団法人 岩手生物工学研究センター

   パネラー   弘瀬雅教  岩手医科大学薬学部・教授

小林浩之  部長

菅沼大行  部長

五日市知香 株式会社パイロットフィッシュ代表

高橋浩進  岩手県農林水産部流通課・総括課長

(5)閉会

 

Ċ
和賀佳子,
2018/07/10 0:52
ĉ
和賀佳子,
2018/07/10 0:52
Comments