植物ウイルスの研究成果について講演

2014/10/21 22:11 に ホームページ 00管理用 が投稿   [ 2014/10/21 22:13 に更新しました ]
植物病態分子研究チームのホームページに次の記事を掲載しました。

8月6-8日に仙台市で開催された平成26年度植物感染生理談話会において,病原未同定病害の新しい植物感染生理学的アプローチによる病原体探索の一例としてリンドウこぶ症の原因究明研究について話題提供しました。当日は,たくさんの有意義な質問を頂きありがとうございました。

8/8 植物感染生理談話会
  リンドウこぶ症の原因究明ーコッホの原則への挑戦ー
 ○関根健太郎・厚見剛・冨田麗子・白川明日佳・小林括平
また,8月22日に植物細胞分子生物学会のシンポジウム「植物の相互作用を紐解く最前線」で,植物のウイルス認識機構に関する最近の研究成果について講演致します。
8/22 第32回日本植物細胞分子生物学会 シンポジウム1
 演題「タンパク質相互作用を介した植物のウイルス認識機構」

https://sites.google.com/a/ibrc.or.jp/ppathol/home

※これは2014年8月11日の記事です
Comments