日本植物病理学会で発表

2013/04/17 21:18 に n-yokota@ibrc.or.jp が投稿   [ 2013/04/17 21:22 に更新しました ]
2013/3/27〜29

【遺伝学ゲノム学研究分野】
齋藤宏昌:「イネもみ枯細菌病菌III型分泌機構を利用したイネいもち病菌エフェクターの単子葉植物細胞内への移行」
神崎洋之:「いもち病菌非病原力遺伝子AVR-Pikが相互作用する新規イネ遺伝子タンパク質の同定」
藤崎恒喜:「イネいもち病菌の非病原性因子AVR-Piiと結合するイネのOsExo70タンパク質のPii依存的抵抗性への関与」


【植物病態分子研究分野】
厚見剛:「リンドウこぶ症関連ウイルスが持つと考えられるこぶ症誘導因子の探索」
関根健太郎:「Avr機能獲得変異体を用いたトバモウイルス抵抗性タンパク質による認識機構の解析」
Comments