募集要領(募集は終了しました)

園芸資源研究部 研究員の募集


1 研究業務内容

 (公財)岩手生物工学研究センター園芸資源研究部 育種栽培技術開発チームでは岩手県の園芸作物の育種・栽培支援技術の開発に取り組んでいます。また、メタボローム解析技術を利用して県農林水産物の活用促進に貢献する技術の開発を行っています。現在、重点課題として、岩手県の重要花き品目であるリンドウの花色、花型、開花期等の有用遺伝子の探索と機能解析、生理生態の解明、育種を促進するDNAマーカーの開発と利用、重イオンビーム育種、ゲノム編集等の新育種技術(NPBT)の確立に開発する研究を進めています。

 本公募では特に、植物のゲノムや遺伝子機能解析、次世代シーケンサー(NGS)を利用したDNAマーカー開発、代謝工学、新規育種栽培技術の開発に係る研究について意欲のある方を募集します。岩手県産園芸作物の発展に寄与するようなオリジナリティーのある研究テーマの提案も歓迎します。最先端の技術を用いた基礎研究から、実際の育種、栽培支援等、現場ニーズへの貢献を視野に入れた研究を行える方を希望します。

2 募集職種及び人数

  研究員 1

3 資格・スキル

(1)博士号取得者(または着任までに取得見込みの者)

(2)上記研究課題を担当するために分子生物学、遺伝子工学、植物育種学、植物生理学、Bioinformatics等について、必要な知識、研究能力、技術を有すること。

(3)岩手県設置の公設試験研究機関・行政機関等と連携し、熱意を持って取り組めること。  

4 処遇

(1)雇用契約期間:採用日から平成31331日。ただし、理事長が必要と認めるときの更新規程があります(最大4回まで)。

(2)給与:「公益財団法人岩手生物工学研究センター研究員等給与規程」により支給

 

5 採用までの日程

(1)書類審査用書類提出期限提出書類は「6書類審査用提出書類」を参照願います

平成3046日(金)必着

提出していただいた書類に基づき応募資格を審査し、合格者には面接審査を実施します。

(2)面接審査(書類審査合格者対象)

平成304月下旬

被面接者の研究業績・自己アピール・抱負等のプレゼンテーション(20分)と質疑応答(10分)を実施します。

詳細は追って対象者にお知らせします。   

(3)内定通知

平成305月上旬

内定者には内諾書(当センター指定書式)、履歴書(同)、最終学校の卒業または修了証明書、資格免許

に関する証明書の写し(学位取得等)等を提出していただきます。

(4)決定通知

平成305月下旬

上記書類を審査後、通知します。

(5)着任時期

平成3061日以降なるべく早い時期


6 書類審査用提出書類

(1)履歴書(添付ファイルの様式1を使用してください。最近3か月の写真を貼付願います)

(2)研究業績リスト(様式2:原著論文、学会発表等)

(3)これまでの研究概要(A4版、任意様式、1枚程度)

(4)自己アピール(A4版、任意様式、1枚程度)

(5)主要論文別刷り(またはコピー、5編まで)

(6)推薦書 (A4版1枚、様式自由)、最低1通の推薦状を送付してください。

   推薦者の氏名、所属、身分、電話番号、E-mailアドレスを明記のこと。     応募者について問合せ可能な者としてください)

 

7 書類提出先および問い合わせ先

(1)書類提出先

  〒024-0003 岩手県北上市成田22-174-4

   公益財団法人岩手生物工学研究センター管理部

  (「親展」とし【園芸資源研究部「研究員」応募書類同封】と朱書きしてください)

(2)問い合わせ先

  担当研究、業務内容:園芸資源研究部 研究部長 西原昌宏  

  就業、給与等処遇関係:管理部 管理課長 八重樫恭子

 電話 0197-68-2911

Fax 0197-68-3881

e-mail  bosyuaibrc.or.jp

  *スパム対策のため表記を変えています。○○○@ibrc.or.jpとなるよう修正のうえ利用願います。 


8 その他

(1)選考については、「公益財団法人岩手生物工学研究センター研究員選考委員会設置要綱」に基づき設置される委員会で、「公益財団法人岩手生物工学研究センター研究員選考要領」に基づいた審査の後、採用内定者を決定します。

(2)本募集で知り得た個人情報は、「公益財団法人岩手生物工学研究センターが保有する個人情報の保護に関する規程」に基づき、当該募集の採用検討にのみ使用します。なお、選考内定から漏れた場合は、提出いただいた書類は全て返却いたします。

(3)その他:旧日本育英会第1種奨学金返済特別免除指定機関、科学研究費補助金取扱機関、各種保険加入

 

 

ĉ
田村和彦,
2018/02/28 22:55
Comments