募集要領(中核研究員 生物資源研究部)※募集は終了しました

【募集要領】

  生物資源研究部 中核研究員の募集

(公財)岩手生物工学研究センター 生物資源研究部では様々な地域資源を対象に健康機能等に関する研究を行うことで、農林水産業・食品産業をはじめとする地域の産業振興に貢献することを目指しています。 農林水産物が有する健康機能を解明し、基礎から食品産業等への応用に取り組む主任研究員を募集します。 


1 研究業務内容

高齢化が進む中で、疾病予防技術、健康寿命延伸技術の開発が求められています。生物資源研究部では、様々な地域資源を対象に健康機能等に関する研究を行うことで、農林水産業・食品産業をはじめとする地域の産業振興に貢献することを目指しています。研究成果の社会実装を進めるため、産学官連携組織「いわて農林水産物機能性活用研究会」事務局としても活動しており、機能性表示食品の実用化を支援・実現してきました。これらの取組は、持続可能な開発目標の達成(SDGs3.保健、8.雇用、9.イノベーション、12.消費、14.海洋資源、15.陸上資源、17.実施手段 等)に、直接・間接的に貢献するものです。

当センターには微生物、培養細胞、動物、植物、菌茸類まで、様々な生物種に対応した実験設備、次世代シークエンサーや精密質量分析装置などの分析機器が整備されており、大学や企業との共同研究も活発に実施しています。

今回は、農林水産物が有する健康機能の解明について、基礎から食品産業等への応用まで、熱意を持って自律的に取り組む主任研究員を募集します。


2 募集職種及び人数

        主任研究員 1


3 資格・スキル

(1)博士(生物系:農学、理学、薬学、医学 等)

(2)岩手県設置の公設試験研究機関・行政機関と連携し、熱意を持って取り組めること

 

4 処遇

   (1)  雇用期間 5年(年度途中での着任は1年に数える 更新あり)

(2)給与:「公益財団法人岩手生物工学研究センター研究員等給与規程」により支給

 

5 採用までの日程

(1)書類審査用書類提出期限(提出書類は「6書類審査用提出書類」を参照願います)

令和2年821日(金)まで (必着)

提出していただいた書類に基づき応募資格を審査し、合格者には面接審査を実施します。

(2)面接審査(書類審査合格者対象)  

   令和2年 9月上旬頃 

被面接者の研究業績・自己アピール・抱負等のプレゼンテーション(20分)と質疑応答(10分)を実施します。審査の詳細は追って対象者にお知らせします。

(3)内定通知

 令和2年 9月上旬頃

内定者には内諾書(当センター指定書式)、履歴書(同)、最終学校の卒業または修了証明書、資格免許に関する証明書の写し(学位取得等)、健康診断書等を提出していただきます。

(4)決定通知

令和2年9月中旬頃

上記書類を審査後、通知します。

(5)着任時期

令和2101日(木)

 

6 書類審査用提出書類 

(1)履歴書(添付ファイルの様式1を使用してください。最近3か月の写真を貼付願います)

(2)研究業績リスト(様式2:原著論文、総説、著書、学会発表等)

(3)自己アピール(A4版、任意様式、1枚程度)

(4)主要論文別刷り(またはコピー、5編まで)

(5)推薦書 (A4版1枚、様式自由)、最低1通の推薦状を送付してください。

   推薦者の氏名、所属、身分、電話番号、E-mailアドレスを明記のこと。

   (応募者について問合せ可能な者としてください)  

 

7 書類提出先および問い合わせ先

(1)書類提出先

  〒024-0003 岩手県北上市成田22-174-4

   公益財団法人岩手生物工学研究センター管理部

        (「親展」とし【生物資源研究部「中核研究員」応募書類同封】と朱書きしてください)

(2)問い合わせ先

  担当研究、業務内容:生物資源研究部 研究部長 矢野 明

  就業、給与等処遇関係:管理部 管理課長 佐藤幸

 電話0197-68-2911

Fax 0197-68-3881

e-mail bosyuaibrc.or.jp

*スパム対策のため表記を変えています。○○○@ibrc.or.jpとなるよう修正のうえ利用願い

ます。

 

8 その他

(1)選考については、書類審査及び面接に基づいた審査の後、採用内定者を決定します。

(2)本募集で知り得た個人情報は、「公益財団法人岩手生物工学研究センターが保有する個人情報の保護に関する規程」に基づき、当該募集の採用検討にのみ使用します。なお、選考内定から漏れた場合は、提出いただいた書類は全て返却いたします。

(3)その他:旧日本育英会第1種奨学金返済特別免除指定機関、科学研究費補助金取扱機関、岩手大学大学院農学研究科及び連合農学研究科との連携大学院併設、各種保険加入


ĉ
梅澤学,
2020/06/28 17:08
Comments