2021年度 農芸化学会・東北支部シンポジウム

「地域を担う農芸化学と産学連携」

主催:公益社団法人 日本農芸化学会 東北支部

共催:公益財団法人岩手生物工学研究センター・いわて農林水産物機能性活用研究会

 東北各地で進められている、食の機能に関する研究や企業等における成果の活用について、最先端技術から身近な事例まで、各県で活躍されている先生方から紹介していただきます。 ふるってご参加ください。また、学術関係者と、研究会会員との橋渡しの機会としても、ご活用ください。

 なお、今回はオンラインでの開催になります。


  1.  開催日時 令和3年6月26日(土) 13:3016:30


  1.  開催方法 インターネットライブ配信


  1.  プログラム


開会の挨拶 日本農芸化学会東北支部長 橋本 勝 (13:30~13:40)


基調講演 「東北大学の産学連携と未来科学技術共同研究センター」 (13:40-14:20)

   東北大学未来科学共同研究センタ− プロジェクトリーダー・教授 宮澤 陽夫


講演1 「岩手の産学連携と研究事例 〜いわて農林水産物機能性活用研究会の紹介〜」 (14:30-15:00)

   公益財団法人岩手生物工学研究センター 生物資源研究部 研究部長 矢野 明


基調講演および講演1 座長: 岩手大学 名誉教授 長澤 孝志


講演2 「弘前大学の産学連携と研究事例 〜青い森の食材研究会の紹介〜」 (15:05-15:35)

 弘前大学農学生命科学部 食品資源学科 教授 岩井 邦久


講演3 「HMT株式会社の先端解析技術と産学連携事例」 (15:40-16:10)

 ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社 事業統括本部 部長 亀谷 直孝


講演2および3  座長: 岩手大学農学部 教授 山下 哲郎

  1.  参加申し込み 日本農芸化学会東北支部会ホームページ(下記URLまたはQRコード)からお申込みください。

  http://touhoku.jsbba.or.jp/presentation/2021_symposium.html

参加費 無料


世話人: 公益財団法人岩手生物工学研究センター 生物資源研究部 矢野明

連絡先: 公益財団法人岩手生物工学研究センター 生物資源研究部 わて農林水産物機能性活用研究会事務局 四戸啓太郎

       〒024-0003 岩手県北上市成田22-174-4

   Tel: 0197-68-2911、Fax: 0197-68-3881、e-mail: k-shinohe@ibrc.or.jp

   https://www.ibrc.or.jp/