論文賞GGS Prize 2013を受賞

Jerwin UndanらがGenes & Genetic Systems誌に公表した論文がGGS Prize 2013を受賞しました。

Jerwin Undanさんは、岩手大学大学院連合農学研究科の博士課程学生として当センターに在籍(指導教官は寺内研究部長遺伝学ゲノム学研究分野)し、イネ lesion mimic 変異体の原因遺伝子単離に関する研究を行いました。

Jerwin R. Undan, Muluneh Tamiru, Akira Abe, Kentaro Yoshida, Shunichi Kosugi, Hiroki Takagi, Kakoto Yoshida, Hiroyuki Kanzaki, Hiromasa Saitoh, Rym Fekih, Shailendra Sharma, Jesusa Undan, Masahiro Yano, Ryohei Terauchi (2012) Mutation in OsLMS, a gene encoding a protein with two double-stranded RNA binding motifs, causes lesion mimic phenotype and early senescence in rice (Oryza sativa L.). Genes & Genetic Systems 87:169-179

論文の写真が掲載号の表紙を飾りました