いわて農林水産物機能性活用シンポジウムの開催について

 我々は、地場の農林水産物の機能性活用による健康づくりと、地域振興を目指し、様々な取り組みを行っております。しかし、岩手県男性が健康寿命全国最短を記録するなど、現状は健康とは程遠い状況にあります。

 そこで、より分かりやすく「形」から始められるように、農林水産物の機能を活用し、「健康的な外見を整える」ことをテーマとしたシンポジウムを開催いたします。オンラインでのご視聴も可能ですので、奮って、ご参加ください。


      1.  開催日時  令和4年8月26日() 12:0受付 10開会

      2.  形式    会場・オンライン併用

      3.  会場    岩手県教育会館2階 多目的ホール (岩手県盛岡市大通1丁目1-16)

      4.  プログラム 13:15~13:25 成果報告「岩手県農林水産資源の機能性」
                           岩手生物工学研究センター生物資源研究部 研究部長 矢野 明氏
               13:25~13:55 講演1「生物学的年齢と見た目」
                           近畿大学医学部 客員教授 山田 秀和氏
               13:55~14:25 講演2「皮膚および全身に作用する健康機能性素材」
                           (国研)農業・食品産業技術総合研究機構食品研究部門 主席研究員 高山 喜晴氏
               14:35~15:05 講演3「穀物由来グルコシルセラミドを活用した美容機能性食品素材の開発事例」
                           株式会社ニップン中央研究所 イノベーションセンター長 間 和彦氏
               15:05~15:35 講演4「人も社会もきれいにする未利用資源のアップサイクル」
                           株式会社ファーメンステーション 代表取締役社長 酒井 里奈氏
               15:35~15:55 企業商品PR「県産素材を活用した美容・健康製品」
                           株式会社アマタケ、日本ゼトック株式会社 他

      5.  参加方法  チラシ裏面の参加申込書に必要事項をご記入の上、8月18日(木)までに、FAXまたはメールでお申し込みください。

      6.  お問合せ先 公益財団法人岩手生物工学研究センター いわて農林水産物機能性活用研究会事務局
               TEL.0197-68-2911 FAX.0197-68-3881 E-mail:h-sugawara@ibrc.or.jp


詳しくは、こちらをご覧ください。