生工研について [FAQ]

私たちの組織の名前は公益財団法人 岩手生物工学研究センター略して生工研(せいこうけん)といいます。

英語では "Iwate Biotechnology Research Center " 略してIBRCといいます。

詳しくは、各サブページをご覧下さい。


■よくあるお問い合わせ

Q 1  何を研究していますか
A 1 植物、海産物、微生物の遺伝情報や代謝の研究や、農林水産物の機能性について研究しています。
いわゆる「バイオテクノロジー」の基礎的研究であり、岩手県からの委託研究課題を実施しています。

Q 2 研究成果はどんなことに役立っていますか
A 2 当センターの研究成果は、岩手県農業研究センター、岩手県林業技術センター、岩手県水産技術センター、岩手県工業技術センターなどの研究機関に活用いただいております。
美味しく病気に強いイネや、今までにない色のリンドウ、日持ちするシイタケなどの品種開発に役立っているほか、植物の病気の新しい診断方法、花の開花時期調節技術などを開発しています。

Q 3 どんな人たちが活動していますか
A 3 国内各地から農学博士や理学博士等が集まっています。
外国や企業の研究員、大学院生も受け入れて研究活動を行っています。

Q 4 周囲に危険をもたらす研究をしていませんか
A 4 行っていません。
研究活動に伴う排水・排気・排出物の全てを濾過、滅菌等行い、外部への影響を無くしています。
また、食料品生産に繋がる開発品種には、遺伝子組換えを行っていません。
 
Q 5 植物が病気になりましたが、調べてもらえますか
A 5 直接の持ち込みは受け付けておりません。
県の農業改良普及センターや病害虫防除所にご相談ください。
いわてアグリベンチャーネット」からこれら機関の情報を得られます。

Q 6 土壌診断を依頼できますか
A 6 土壌分析業務は行っておりません。
県の農業改良普及センターにご相談ください。
いわてアグリベンチャーネット」からこれら機関の情報を得られます。

Q 7  見学することはできますか
A 7 見学は随時受け付けますので、お問い合わせください。【お問い合せ先はこちら
なお、例年9月上旬に一般公開を行っております。
研究成果を判りやすく展示するほか、お子さんも楽しめるような行事を心がけておりますので、是非いらしてください。

Q 8 研究者に講演を依頼できますか
A 8 講演依頼は 随時受け付けますので、お問い合わせください。【お問い合せ先はこちら
なお、中学生や高校生を対象に、バイオテクノロジー研究を正しく、楽しく知っていただくための出張講義を行っています。【出張講義はこちら

Q 9 センターで働くにはどうすればよいですか
A 9  研究員は任期制となっており、必要に応じて当ホームページ及び研究者人材データベース[JREC-IN]にて募集します。人材募集はこちら
期限付き臨時職員は岩手県内のハローワークを通じて募集します。