新着情報‎ > ‎

イベント・セミナー


第236・237回公開セミナー

2017/06/22 0:05 に 和賀佳子 が投稿   [ 2017/07/04 18:07 に更新しました ]

以下のとおり、公開セミナーを開催します。

参加希望者は、 kenkyu-syukan@ibrc.co.jp (@を半角で入力してください)まで

ご連絡ください。

当日参加も可能です。


//


【236】

開催日時:平成29年7月6日(木)

     14時00分〜15時00分 

会場:(公財)岩手生物工学研究センター 大会議室

参加対象: センター職員、県試験場、農業大学校、独立行政法人(東北農研、果樹研、森林総研)、岩手大学など関係研究機関

 

演題: マメ科植物と微生物との相互作用〜共生菌相互作用から病原菌相互作用〜

講師:川原田 泰之(岩手大学 農学部)

 植物と微生物の相互作用は、双方間における複合的な分子的コミュニケーションによって行われる。代表例として、マメ科植物と土壌細菌である根粒菌との共生相互作用があげられ、根粒菌が分泌するNod因子やEPSを宿主植物がNFR1NFR5受容体やEPR3受容体を介して認識し共生過程を進行させていく,。そして、この共生過程の果てに宿主植物の根や茎に根粒を形成する。

 自然界の土壌、特に植物の根の周辺に広がる根圏では、根粒菌以外にも様々な細菌が存在し、これらの細菌群と宿主植物は、常に異なる相互作用を行なっている。このような環境下でマメ科植物と根粒菌とが共生相互作用を行うにあたり、宿主植物は、この根圏に生存している多様な細菌群から共生パートナーである根粒菌を選抜し、この根粒菌だけを宿主細胞内に取り込まなければならない。言い換えると、マメ科植物は、共生過程において、病原菌などの拮抗する細菌を排除していると考えられる。しかしながら、共生過程における植物防御システムなどについての知見が乏しいことなどから、共生相互作用と共に進行する他の相互作用を交えた複合的な相互作用に関する知見などは得られていない。

 そこで本セミナーでは、マメ科植物と根粒菌の共生相互作用の研究紹介と共に、マメ科植物と病原菌との相互作用や根粒菌と病原菌からなる複合的な相互作用について最新のデータを交えながら議論する。

1.Kawaharada et al.: Nature (2015)

2.Kawaharada et al.: Nature communications (2017)


【237】

開催日時:平成29年7月7日(金)

     14時00分〜15時30分 

会場:(公財)岩手生物工学研究センター 大会議室

参加対象: センター職員、県試験場、農業大学校、独立行政法人(東北農研、果樹研、森林総研)、岩手大学など関係研究機関

 

演題1: コムギ無細胞系を基盤とした新規タグ-抗体システムと薬剤探索技術の開発

講師: 澤崎達也 教授(愛媛大学プロテオサイエンスセンター)

  FLAGタグに代表されるペプチドと抗体からなるタグ-抗体システムは、生化学的および細胞生物学的解析に必須なツールである。ウサギの抗体産生細胞は、ハイブリドーマ化が困難であるため、ウサギモノクローナル抗体の単離は困難であった。我々は、富山大学の村口グループが開発した単一抗体産生細胞分離技術であるISAAC法を用いて、ドーパミン受容体のC末端を認識する2種類の高親和性ウサギモノクローナル抗体を取得し、AGIAdoi: 10.1371/journal.pone.0156716)およびCP5in press)タグシステムを構築した。また近年、コムギ無細胞系とAlphaScreen技術を用いることにより、タンパク質-タンパク質やタンパク質-核酸の相互作用を阻害する薬剤の探索が簡便に行えることが分かってきた。それらについて紹介する。

 

演題2: 花芽形成を制御する薬剤開発

講師:  野澤 彰 講師(愛媛大学プロテオサイエンスセンター)

植物の花芽形成を誘導する仮想的シグナル物質として提唱されていた花成ホルモンの実体が今世紀に入りFTタンパク質であることが明らかにされた。葉で合成されたFTタンパク質が維管束篩部を通り茎頂に移動し、茎頂分裂組織で14-3-3タンパク質およびbZIP型転写因子であるFD3者複合体(活性化フロリゲン複合体)を形成し、花芽形成に関与する遺伝子の発現を促進することで花芽形成が起こると考えられている。我々は、この花成制御を担う分子実体がタンパク質の複合体である点に着目し、これらタンパク質の相互作用の制御を通じて花芽形成の制御が可能なのではないかと考えた。本セミナーでは、現在の研究の進展状況について報告する。

第235回生工研セミナー

2017/04/16 21:20 に 和賀佳子 が投稿   [ 2017/04/16 21:26 に更新しました ]

下記の日程で、表題セミナーを行います。

皆様ふるってご参加下さい。

   記

1 講 師  (1)Karen Kikumi Tanino, Ph.D.  

                      Professor, Department Plant Sciences, University of Saskatchewan

            (2)Guosheng Xie, Ph.D.氏

                      Professor, College of Plant Science and Technology,Huazhong Agricultural University, Wuhan, China 

2 日 時 平成29年4月19日(水)10:0011:00

3 場 所 岩手県生物工学研究所(岩手県北上市成田22-174-4)

4 演 題 (1)Managing ice in the winter wheat crown:proteomic and biochemical responses during cold acclimation in the apoplast provide a new theory on freezing stress resistance mechanisms.

            (2)MAPK signaling network to chilling stress response in rice

5 要 旨 別添ファイルをごらんください。

第234回公開セミナー

2016/11/29 17:14 に 和賀佳子 が投稿   [ 2016/11/30 16:30 に 阿部陽 さんが更新しました ]

下記の日程で、表題セミナーを行います。

皆様ふるってご参加下さい。

   記

1 講 師  Dr. Kroj Thomas    

INRA, Biology and Genetics of Plant-Pathogen Interactions Laboratory - BGPI, Montpellier, FranceResearcher    

2 日 時 平成2812月6日(火)16:1517:15

3 場 所 岩手県生物工学研究所(岩手県北上市成田22-174-4)

4 演 題 Paired NLRs and integrated decoy domains in rice blast resistance

5 要 旨 別添ファイルをごらんください。

第233回公開セミナー

2016/11/14 21:00 に 和賀佳子 が投稿

下記の日程で、表題セミナーを行います。

皆様ふるってご参加下さい。

   記

1 講 師 Dr.Nicolas Taylor(University of WesternAustralia)

2 日 時 平成2811月30日(水)14:0015:30

3 場 所 岩手県生物工学研究所(岩手県北上市成田22-174-4)

4 演 題 Harnessing Targeted Proteomics to Enhance Yield,Salinity and Thermal Tolerance of Wheat.

5 要 旨 別添ファイルをごらんください。

第232回公開セミナーの開催について

2016/11/14 18:21 に 和賀佳子 が投稿

下記の日程で、表題セミナーを行います。

皆様ふるってご参加下さい。

   記

1 講 師 (公益)かずさDNA研究所 バイオ研究開発部

        機器分析グループ グループ長 鈴木秀幸 氏

2 日 時 平成2811月16日(水)13:3015:00

3 場 所 岩手県生物工学研究所(岩手県北上市成田22-174-4)

4 演 題 巨大蓄積データ(ビックデータ)から有益な情報を取り出す

     相関ネットワーク解析(金平糖解析)の紹介

5 要 旨 別添ファイルをごらんください。

第231回公開セミナーのお知らせ

2016/10/30 17:58 に 和賀佳子 が投稿   [ 2016/10/30 18:50 に更新しました ]

下記の日程で、表題セミナーを行います。

皆様ふるってご参加下さい。

   記

1 講 師 ①麻布大学 生命・環境化学部 教授 守口 徹 氏

      ②麻布大学 生命・環境化学部 特任准教授 原馬 明子 氏

2 日 時 平成2811月4日(金)10:0012:00

3 場 所 岩手県生物工学研究所(岩手県北上市成田22-174-4)

4 演 題 ①食生活におけるオメガ3系脂肪酸の重要性

      ②脳機能におけるオメガ3系脂肪酸の役割

5 要 旨 別添ファイルをごらんください。

第20回りんどう研究会(AFR)のお知らせ

2016/10/04 2:02 に 和賀佳子 が投稿   [ 2016/10/30 17:48 に更新しました ]

下記の日程で、表題研究会を行います。

皆様ふるってご参加下さい。

   記

1 講 師 宮崎大学農学部 副学長 國武久登 氏

2 日 時 平成281021日(金)15:0017:00

3 場 所 岩手大学農学部2番講義室(岩手県上田3丁目18-8

4 演 題 プロアントシアニジン高含有ブルーベリー葉からの機能性食品の開発

育種学会のホームページもあわせてごらんください。

第229・230回公開セミナーのお知らせ

2016/09/21 0:59 に 和賀佳子 が投稿

下記のとおり表記セミナーを開催します。

申し込みは不要です。
皆様、ぜひご参加下さい。

《第229回》
開催日時:平成28年9月29日(木)15時00分〜16時30分 
会場:(公財)岩手生物工学研究センター 大会議室
参加対象: センター職員、県試験場、農業大学校、独立行政法人(東北農研、果樹研、森林総研)、岩手大学など関係研究機関
演題: 植物ゲノム編集の基礎から最前線まで
講師: 徳島大学 生物資源産業学部 生物生産システムコース 教授      刑部 敬史先生

 「ゲノム編集は、切断部位を自在に選んで設計できる人工ヌクレアーゼを利用した標的遺伝子特異的改変技術であり、医学から農学までそして基礎研究から応用研究まで幅広いバイオテクノロジー分野で活用できる画期的な技術である。植物研究分野においても、モデル植物だけでなく農作物を用いたゲノム編集が実際に進んでいる。我々の研究室では、農作物の品種改良技術としてゲノム編集技術を利用するために鍵となる、変異導入の効率化や標的遺伝子特異性を向上させるシステムなどを最適化した高効率ゲノム編集ツールを構築してきた。本セミナーでは、アブラナ科、ナス科、バラ科植物を用いて行ったゲノム編集の実際を紹介しながら、植物ゲノム編集の基礎からゲノム編集を活用する際のコツまでを概説する。さらにゲノム編集を利用したさまざまな最新の技術、活用事例についても紹介したい。」

《第230回》

開催日時:平成28年10月5日(水)10時00分〜11時30分

会場:(公財)岩手生物工学研究センター 大会議室

参加対象: センター職員、県試験場、農業大学校、独立行政法人(東北農研、果樹研、森林総研)、岩手大学など関係研究機関

演題: コムギ無細胞系を基盤としたタンパク質機能解析技術、および植物ホルモンアゴニスト化合物の開発

講師: 愛媛大学プロテオサイエンスセンター 特定研究員     根本 圭一郎先生

 「タンパク質は生命活動に必要な機能分子のひとつであり、ヒトを含むほ乳動物や高等植物のゲノム上には約2万種〜3万種のタンパク質がコードされていると考えられている。生命活動のメカニズムを分子レベルで理解するためには、タンパク質機能を明らかにすることが重要であるが、多種多様な性質をもつタンパク質の生化学的機能解析は困難なケースが多々ある。

 我々は、これまでにコムギ無細胞翻訳系による in vitro におけるタンパク質合成技術を開発してきた。本技術は高い確立で活性を有する可溶化タンパク質を合成することができ、現在では遺伝子情報をもとにして、一度に、数万種規模のタンパク質合成が可能となっている。さらに、合成タンパク質の機能を高感度かつ、ハイスループットに解析するための独自技術を開発しており、本技術を用いることで、プロテインキナーゼ、プロテインホスファターゼ、転写因子、トランスポーター、ユビキチンリガーゼ、ホルモン受容体などの機能を解析することができる。本講演では、コムギ無細胞系を基盤としたタンパク質合成技術、タンパク質機能解析技術、さらには植物ホルモンの新規アゴニスト化合物開発を目的としたケミカルバイオロジー研究の成果についても紹介したい。」

第228回公開セミナーのお知らせ

2016/09/08 0:36 に 和賀佳子 が投稿   [ 2016/09/12 3:42 に 阿部陽 さんが更新しました ]

第228回公開セミナーのお知らせです。

※ 事前の申し込みは不要です。
  お気軽にご参加ください。
  英語での講演になります。

【日時】平成28年9月13日(火)14:00〜15:30
【場所】岩手県生物工学研究所(北上市成田22-174-4)

【演題】On the scent of a cereal killer: Dissecting the molecular mechanism of pathogen effector adaptation

    (穀草にとっての脅威の手がかりを追って:病原体由来エフェクター適応の分子機構の解析)

【講師】Dr. Thorsten Langner
http://www.tsl.ac.uk/staff/thorsten-langner/
【所属】The Sainsbury Laboratory, Norwich Research Park, Norwich NR4 7UH, UK
http://www.tsl.ac.uk/groups/kamoun-group/

【内容】
In order to infect and colonize host plants, filamentous plant pathogens secrete a plethora of effector proteins. These small secreted proteins can be translocated to the host cytoplasm where they interact with specific host targets to enhance virulence. Mechanistic studies dissecting effector functions have revealed that effector proteins coevolve with host proteins to alter host defense. This high degree of specialization requires tight adaptation of effectors to their respective host target. The evolutionary interplay between plant pathogens and their hosts imposes strong selective constraints that have frequently led to highly specialized interactions. However, numerous studies have shown that throughout evolution plant pathogens have exploited novel host species and thereby broadened their host spectrum or specialized on novel hosts. The ability to colonize such a novel host is known as a “host jump”, which is a major driving force for epidemic spread of plant diseases. Although adaptive evolution has been extensively studied, our knowledge of the molecular mechanisms underlying effector adaptation is still limited. My aim is to dissect the mechanisms by which fungal effector proteins adapt to novel host targets after a host jump and to close the gap between classical evolutionary and mechanistic approaches. To achieve my objective, I will combine biophysical, structural biology, and genetics approaches to study how members of a Magnaporthe oryzae effector family have specialized on different host plants. At the completion of this project I will deliver detailed structural insights of effector adaptation to targets of the alternative host plants Oryza spp. and Setaria spp., which will ultimately serve as a basis for structure guided disease resistance breeding.


植物病原糸状菌はエフェクター(低分子量の分泌タンパク質)を分泌することによって宿主植物に感染し、繁殖する。一部のエフェクターは宿主細胞内に移行して特定の宿主ターゲットと相互作用し、植物病原菌の病原性を助長する。今日までの研究によって、エフェクタータンパク質が宿主ターゲットタンパク質と共進化することにより、宿主の防御反応を抑制する機構が解明されてきた。この現象には、各エフェクターとそれに対する宿主ターゲットの厳格な特異性が存在すると考えられる。植物病原体と宿主との間の相互作用は、強い自然選択にさらされている。植物病原体は進化を通して新しい宿主種を開拓し、それによって宿主範囲を拡げるか、あるいは新しい宿主に特化すると考えられている。植物病原体が新しい宿主で繁殖可能となる能力は「ホストジャンプ」として知られており、植物の病気蔓延の主要な原動力となっている。このような適応進化については広く研究されているが、その元となるエフェクター適応の分子機構はほとんど解明されていない。本研究の目的は、植物病原体がホストジャンプを行う際に、糸状菌エフェクタータンパク質が新しい宿主のターゲットに適応する機構を解明することである。現在、いもち病菌のエフェクター群がどのように異なる宿主植物に適合したかを解明するために、生物物理学、構造生物学および遺伝学的なアプローチを組み合わせ、本研究の目的の達成を試みている。このプロジェクトを完了することにより、Oryza種とSetaria種の様々な植物をターゲットとするエフェクターの適応の詳細が明らかとなり、将来的に病害抵抗性育種に役立つであろう。

第227回公開セミナー「アマゾンのきのこ」開催

2016/09/05 19:31 に 和賀佳子 が投稿

第227回公開セミナーのお知らせです。

演題「アマゾンのきのこ」
講師 Ishikawa Kazue Noemia 先生
   国立アマゾン研究所 研究員
日時 平成28年9月7日(水)10:00〜11:30
場所 岩手県生物工学研究所・会議室
   (岩手県北上市成田22-174-4)
   ※ 問い合わせ 管理部 0197-68-2911

内容 アマゾンは多様な生態系が存在しており、菌類も日本で見られるものとは異なる種類のものが存在する。
   アマゾンの原住民(ヤノマミ族)はきのこを食べることで知られており、これまでにどの様なきのこが生息し、
  ヤノマミ族がどの様なきのこを食べているのか研究進めている。
   また、ブラジルでのシイタケ栽培や、近縁種のシイタケ属菌(Lentinula raphanica)等の研究も進めているおり、
  合せて紹介する。

※ 事前の申し込みは不要です。お気軽にご参加ください。

1-10 of 57