2013年日本育種学会秋季大会(第124回講演会、10/12-13)

2013/11/20 19:04 に n-yokota@ibrc.or.jp が投稿   [ 2013/11/20 19:04 に更新しました ]
2013年10月12日〜13日に鹿児島大学で開催された日本育種学会秋期大会において、次の発表を行いました。

イネにおける Nested Association Mapping 解析 【優秀発表賞受賞!】
☆阿部 陽, 高木 宏樹 , 八重樫 弘樹 , 宇津志 博恵 , 植村 亜衣子, 落合 祐介 , 寺内 良平(岩手生物工学研究センター)

「分子間相互作用によるイネ-いもち病菌の共進化」
寺内 良平, 神崎 洋之, 齋藤 宏昌, 藤崎 恒喜, 高木 宏樹 (公益財団法人岩手生物工学研究センター)

「MutMap, MutMap+ &  MutMap-Gap: 次世代シーケンサーを用いた遺伝子単離技術
高木 宏樹1,2, 八重樫 弘樹1, 植村 亜衣子1, 宇津志 博恵1, 夏目 俊1,2, 阿部 陽1寺内 良平1,2(1公益財団法人岩手生物工学研究センター, 2岩手大学連合農学)
Comments