トバモウイルス抵抗性遺伝子N'の単離と認識機構の解析

2013/01/08 17:51 に norio yokota が投稿   [ 2013/01/08 17:51 に更新しました ]
タバコのトバモウイルス抵抗性遺伝子N'(Nプライムと読む)の単離と認識機構の解析についての論文(植物病態分子研究分野)がMolcular Plant-Microbe Interactionsに掲載されました。
N'遺伝子は1960年代に存在が見つかっており、タバコの育種にも利用されていますが、ついに遺伝子配列を同定しました。植物がどのようにウイルスを認識して身を守るのかを理解する上で、大きな進展です。 
https://sites.google.com/site/ibrcppathol/home/publication
Comments